持続可能な農業生産のための新たな植物保護技術の開発

持続可能な農業生産のための新たな植物保護技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~27
年度2015
概要<目的>、 病害虫の防除は現在,化学農薬による防除が一般的である。しかし,化学農薬は薬剤耐性菌や薬剤抵抗性害虫を発達させる問題がある。持続可能な農業生産のためには,耐性(抵抗性)発達のリスクが小さい農薬が求められる。本課題では,植物と病原菌の相互作用を制御する化合物を選抜し,耐性発達のリスクが小さい農薬開発を目指す。本年は,選抜された化合物のイネ紋枯病に対する抑制効果を検討する。、<成果>、 選抜された成分について,茎葉散布による紋枯病の発病抑制効果を検討した。20mM,40mMに調整したアミノ酸資材を散布した区が無処理区と比べて病斑高率が低くなり,収穫期前の病斑高率が高くなるほど千粒重が小さくなった。
研究分担作物保護部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228069
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat