家畜の生涯生産性向上のための育種手法の開発

家畜の生涯生産性向上のための育種手法の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2015
概要乳用牛:各季節に飼養試験を行い、飼料によるエネルギー摂取量と乳生産及び成長によるエネルギー消費量を測定することで、エネルギー充足状態を把握する。これと飼養試験中の乳成分値との関係から、個体のエネルギーバランスの状態を乳成分値から推定する指標形質を作成するためのデータ蓄積を行う。、豚:デュロック種系統豚の雄性繁殖形質と雌性繁殖形質との遺伝的関連性の調査、ランドレース種系統豚の雌性繁殖形質の調査と一般血液性状生化学検査を行う。
研究分担酪農肉牛部・種豚家きん部
予算区分受託(農林水産技術会議)
業績(1) MPS抗病性育種ランドレース豚および一般ランドレース豚における免疫関連分子の比較
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228101
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat