木材への放射性物質の影響に関する調査

木材への放射性物質の影響に関する調査

県名宮城県
研究機関名宮城県林業技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:県内森林における立木への放射性物質の蓄積状況等を明らかにする。、成果:放射性Cs濃度は,葉,材部,樹皮及びA0層において低減する傾向があった。一方,A層において,放射性Cs濃度は増加した。
研究分担地域支援部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat