アップカット畝立て同地マルチ播種機を利用したエダマメ栽培

アップカット畝立て同地マルチ播種機を利用したエダマメ栽培

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要目的:アップカット耕うん同時播種機と1工程で2畦(1畦1条)マルチ播種可能な播種機を組み合わせて、施肥・畝立て・マルチ・播種を同時に行える新型播種作業機を試作し、マルチの有無に関わらず播種可能な技術開発を行う。                                                 成果:アップカットロータリと成型機、マルチ展張器、播種機を組み合わせたトラクタアタッチ型作業機のマッチングを行い、実際に播種作業を行った。改良播種作業の作業能率は、3.8~3.9h/10aであった。また、アップカットロータリにより、機械播種に適した畝上面の砕土率が高い畝が形成された。改良区の収量は、慣行区と同等で低下はみられなかった。
研究分担野菜花き部
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228189
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat