東北日本海側多雪地帯における畜産との地域内連携を特徴とした低コスト大規模水田輪作体系の実証

東北日本海側多雪地帯における畜産との地域内連携を特徴とした低コスト大規模水田輪作体系の実証

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~27
年度2015
概要目的:①無代かき湛水直播を実証し、作業能率、燃料消費率、水稲の生育・収量・品質を検討する。また、「秋田63号」の移植栽培によるソフトグレーンサイレージを現地圃場で実証する。②水稲直播を核とし収益性を確保する省力低コスト水田輪作体系について無代かき湛水直播による省力水稲栽培並びに技術実証に関する経営評価を行う。③ハウス越冬苗の長ネギの大苗移植栽培技術を確立する。                                                     成果:①現地水田ほ場で65馬力セミクローラトラクタとスタブルカルチ、縦爪駆動ハローを用いて耕起、整地を行ったところ、作業時間は4.3h/haで、高精度湛水直播機により無代かきで土中播種することが可能であった。②1haの大区画圃場での水稲無代かき湛水直播栽培は、省力効果が極めて高く、労働費の低減により費用が抑えられた。7月どりが可能なネギ大苗移植栽培は、慣行の夏どり栽培に比べ粗収益が増加し、経営費が減少して、所得が大きく増大した。③ネギの越冬大苗を用いて、7月下旬に目標収量の300kg/aを上回って収穫できることを、2か年にわたり実証した。1.3本苗は、8月中旬収穫において、慣行小苗より2LとL規格の割合が高く、収量も高い傾向となり、有望な育苗方法であることを明らかにした。
研究分担野菜花き部、作物部、企画経営室
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)田畑輪換における水稲無代かき湛水直播栽培の効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228192
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat