露地園芸技術の実証研究

露地園芸技術の実証研究

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~27
年度2015
概要目的:アスパラガスの高畝栽培により生育を確保し、早期収穫開始と収量の向上を図る。                                    成果:促成伏せ込み栽培の越冬育苗では、播種時期は、発芽率を確保するためには8月6日~9月5日であった。この期間播種では生育盛期の目標生育量をほぼ確保できた。根株重は慣行よりもやや小さかったが、8月6日~9月5日播種では目標株重を確保した。促成収量、太物割合は慣行とほぼ同等だった。越冬育苗苗の定植速度は慣行よりも36%速くなった。
研究分担野菜花き部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228196
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat