大豆の多収阻害要因の影響解明と対策技術の開発

大豆の多収阻害要因の影響解明と対策技術の開発

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2015
概要目的:全国で被害の拡大している大豆黒根腐病について、本県生産地の被害状況を把握するとともに、登録薬剤の薬害を低減しつつ、複数を体系的に用い、より防除効果の高い低コスト可能な防除法を検討する。                                        成果:①ダイズ黒根腐病の発生実態調査の結果、県内の広い地域で発生が確認された。発生程度は低い圃場が多かった。発病程度が高い圃場ほど収量が減少し、子実のしわ粒率が増加する傾向が認められた。②チアメトキサム・フルジオキソニル・メタラキシルM水和剤とテブコナゾール水和剤を組み合わせることで、黒根腐病に対して防除効果が認められた。
研究分担作物部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228198
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat