秋田蔵付分離酵母を活用した純米酒多様化のための、酵母開発

秋田蔵付分離酵母を活用した純米酒多様化のための、酵母開発

県名秋田県
研究機関名秋田県総合食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26-28
年度2015
概要、目的、 前課題「蔵付き」醸造微生物の検索と酒類への利用により得た、多様な特徴を持った「秋田蔵付分離酵母」を原株として、今まで秋田県になかった清酒の香味を付与する複数の新規優良酵母(4株)を取得し、全県頒布による商品展開を行うことで、優良株を使用した県内清酒販売額の向上を目指す。、 1)各種手法を用いた優良株取得と醸造特性解析 、 2)交雑などによる優良株取得と醸造特性解析  、 3)優良株を用いた新商品先行展開       、 4)優良株の一般頒布と商品展開        、 5)長期環境ストレスによる酵母の変異試験 、、成果、 改変原株ときょうかい酵母など既存実用酵母との詳細な比較により改変原株5株を設定した。既存手法を用いて取得された優良株の醸造特性を把握した。既存手法での優良株取得を継続中であり、数10株程度の取得株について仕込試験を実施予定。上記取得株について行われた現場試験を活用した新商品の先行展開を検討した。交雑による優良株取得を実施している。上記取得株について仕込試験を実施予定。良好な結果が得られれば現場試験に進む予定。長期環境ストレスによる酵母の変異試験の実施と変異酵母の取得に努める。
研究分担酒類
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228232
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat