将来の産地構造に対応した機械収穫技術の開発

将来の産地構造に対応した機械収穫技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~H29
年度2015
概要・さくらんぼ収穫作業経験者へのアンケートでは、収穫時の軸の保持位置と動作方向について果梗の保持位置は果そう、果実の向きに関わらず、軸元(枝との接合部)の近くを持つことが多かった。、・収穫時に動かす方向は、上方の回答が多かったが、軸の方向に引っ張るのではなく、空間がある方向に折り曲げる動きが基本となると考えられた。
研究分担果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228330
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat