イネゲノム情報を用いたオリジナルDNAマーカーの開発と新育種体系の確立

イネゲノム情報を用いたオリジナルDNAマーカーの開発と新育種体系の確立

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-28
年度2015
概要目的:交配育種にDNAマーカー選抜を組み合わせた体系の確立、つや姫系食味および高温登熟性DNAマーカーの開発を行う。                               成果:F5世代の有用遺伝子の保有をDNAマーカーで確認した結果、のべ263系統が目的遺伝子をホモ型に保有していた(Stvb-iについては供与親型が11系統)。戻し交配個体の目的遺伝子の保有状況をDNAマーカーで確認し、後代個体および系統を得た。QTL解析用のF7(つや姫/コシヒカリ)系統群の種子を得た。第1染色体長腕の領域(全体の約4割)についてSSRマーカー138個により遺伝子型調査を行った結果、sd1を含む約2.2Bbpの領域で「つや姫」と「コシヒカリ」の間で14個のSSRマーカーで多型が認められた。
研究分担水田農試水稲部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228353
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat