地域の発生実態に即した効果的な水稲病害虫防除対策の確立

地域の発生実態に即した効果的な水稲病害虫防除対策の確立

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26-28
年度2015
概要目的:庄内地域に特徴的な病害虫の発生実態とリスクの把握、および効率的な防除技術を確立する。                                                成果:箱処理剤と茎葉処理剤の体系処理では、穂揃い期7日後または14日後に茎葉処理を行った区での斑点米カメムシ類に対する防除効果が安定していた。網枠を使った接種試験では、ジノテフラン液剤1,000倍およびエチプロールフロアブル1,000倍の効果持続期間は、アカスジカスミカメでは8日程度、アカヒゲホソミドリカスミカメでは14日程度であった。出穂期以降に草刈りをする場合は、殺虫剤散布後に実施すると斑点米被害を低く抑えることができた。
研究分担水田農試水稲部
予算区分県単
業績(1)長期残効性箱施用と茎葉散布による斑点米カメムシ類に対する防除効果
(2)畦畔の草刈りと茎葉散布剤の体系処理による斑点米カメムシ類の防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228365
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat