大豆の多収阻害要因の把握指標の開発

大豆の多収阻害要因の把握指標の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター水田農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-31
年度2015
概要目的:多収阻害要因として、主に土壌条件(物理性、化学性)の面から生産現場の事例から解明する。成果:調査圃場の多くで連作によるマメシンクイガによる食害が低収要因となっていた。連作の影響は雑草密度の増加、土壌有機物含量の低下や土壌物理性の悪化も認められ、複数の要因が作用していることが示唆された。
研究分担水田農試水稲部
予算区分受託  (農水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228366
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat