和牛肉品質のNMRメタポロミクスに基づく迅速評価と見える化技術の確立

和牛肉品質のNMRメタポロミクスに基づく迅速評価と見える化技術の確立

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27
年度2015
概要目的:和牛肉の産地間競争が激化する中、国内需要の増加や輸出拡大を図る必要がある。そのためには、高品質和牛生産技術の向上と、その品質表示(見える化)技術が必要となる。そこで流通現場で牛肉品質を迅速評価するための基盤技術の開発を核磁気共鳴(NMR)を用いた和牛肉の呈味成分等の迅速評価法を確立するとともに、実用化に向けた基礎データを蓄積する。、成果:牛肉品質を迅速評価するためのNMR分析法を確立した。流通現場における1日平均80頭の想定頭数の分析が可能である。
研究分担家畜改良部
予算区分委託(農水省)
業績(1)NMRメタボリックプロファイリングによる和牛肉熟成過程の解析と熟成段階予測モデルの構築
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228371
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat