暑熱時におけるメタン生成抑制型飼料給与技術の開発

暑熱時におけるメタン生成抑制型飼料給与技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2015
概要目的:夏季高温時のストレス軽減と生乳生産性の低下抑制を目指し、高消化繊維質飼料を主な粗飼料源とする「メタン生成抑制型」発酵TMR調製・給与技術の体系化を図る。、成果:高消化繊維質粗飼料(ライグラス系牧草)を主に加熱大豆等を組合せて調製した発酵TMRは、乳牛の嗜好性が良好で、暑熱時の産乳量減少率を低減する傾向があった。
研究分担飼養管理部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228374
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat