漁場環境保全推進事業調査

漁場環境保全推進事業調査

県名山形県
研究機関名山形県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2015
概要目的、河川における付着藻類の分布や組成の変化、並びに底生生物調査による河床や底泥中に生息する生物(ベントス)の種類、現存量を指標として最上川の漁場環境の長期的な変化を監視する。、概要、 最上川中流部の村山定点及び上流部の長井定点の2カ所で、底生生物及び付着藻類のモニタリング調査を継続して実施しており、今年度の結果から、汚染指標種の出現数が減少しており、環境の改善傾向が確認された。
研究分担資源調査部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228403
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat