タラノメ新品種の栽培技術の確立

タラノメ新品種の栽培技術の確立

県名山形県
研究機関名山形県最上総合支庁産業経済部農業技術普及課産地研究室
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要目的:育成したタラノメ新品種の特性を活かした栽培技術を確立する。、成果:①株間の検討を行ったところ、定植1年目の生育は0.5mに比較し、0.6mは同等、0.4mは主茎が長く、径が細かった。0.8mでは径が太くなる傾向にあった。②定植後3年で開花が見られる株があった。開花状況、開花株の収量性、品質について継続検討する。
研究分担最上総合支庁産地研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228436
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat