マツノザイセンチュウ抵抗性種子の品質向上技術の開発

マツノザイセンチュウ抵抗性種子の品質向上技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H23-H27
年度2015
概要目的:抵抗性マツ苗は、海岸防災林や松くい虫被害跡地造林等での需要が見込まれており、本県の気候特性に適した抵抗性が高い苗木の安定供給体制の整備が求められている。、 そのため、採種園構成クローンの着花特性や生産される種子の抵抗性を評価する。そして、採種園から生産されるマツノザイセンチュウ抵抗性種子の品質を向上させる技術を開発する。、成果:生産種子の生産力向上、品質向上のための改良方法を明らかにした。
研究分担森林環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228553
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat