汚染低減原木生産に関する研究

汚染低減原木生産に関する研究

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H27-H29
年度2015
概要目的:広葉樹きのこ原木における汚染形態を解明するとともに、更新、生産手法を検討する。また、ウエットブラスト処理による汚染軽減について確認する。、成果:水と研磨剤を用いて原木を洗浄するウエットブラスト処理を行ったほだ木から発生したシイタケ子実体についても放射性セシウムを軽減することができた。、 コナラの切株から発生した萌芽枝について、出芽2年目の発生では、放射性セシウム濃度が減少傾向にあることを確認した。硫酸カリウム施肥区においても同様の傾向が認められた。
研究分担林産資源部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228564
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat