ワカサギ等における放射性物質の移行過程の解明(放射能関連調査)

ワカサギ等における放射性物質の移行過程の解明(放射能関連調査)

県名福島県
研究機関名福島県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
年度2015
概要 県内12湖沼で湖水・動物プランクトン・魚類を採集して放射性Cs濃度を調査し、汚染状況を把握した。周辺土壌の137Cs沈着量が多い湖沼では、湖水・動物プランクトンの137Cs濃度が高い傾向が認められた。昨年度に引き続き、魚体重と137Cs濃度に正の相関が確認される場合が認められた。
研究分担調査部
予算区分県基金繰入金
業績(1)ヒメマス放流種苗の137Cs濃度の推移
(2)福島県の湖沼に生息する魚類の放射性セシウム濃度の経時変化
(3)福島県における湖沼魚類の137Cs濃度の経時変化-全長階級別の変化および体重との関係の変化-(平成28年度日本水産学会春季大会)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228592
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat