産地ニーズに応じたサツマイモ品種の選定と病害虫管理技術の開発

産地ニーズに応じたサツマイモ品種の選定と病害虫管理技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2015
概要目的:①ベニアズマを補完または代替する、肉色が黄色く粉質で長期出荷に向く有望系統の選定を目標として調査を行う。また,紫色系統「九州165 号」の本県での適応性を検討する。②有望系統のつる割病に対する抵抗性・線虫抵抗性について評価する。、結果:①黄色有望系統5系統について収量、品質、食味調査を実施し、「作系47」、「九系333」を選抜した。「九州165号」は「パープルスイートロード」と比較して収量性は劣るものの、肉質が粘質で甘味が強く、食味が良い。本県において地域適応性があると判断した。②つる割病菌接種圃場において、「作系45号」及び「作系46号」はつる割病の発病は認められなかった。ネコブセンチュウ少発生条件において、「作系45」、「作系46」、「作系47」はネコブセンチュウによる塊根の被害が少なく、栽培後のネコブセンチュウ密度を低く抑えた。
研究分担作物研究室,病虫研究室
予算区分受託(農食事業)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228689
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat