エコ農業茨城推進のための減化学農薬・減化学肥料栽培技術開発と実証

エコ農業茨城推進のための減化学農薬・減化学肥料栽培技術開発と実証

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:キャベツの生育・収量および栽培前後の土壌三要素濃度について,慣行栽培と鶏ふんたい肥または菜種油粕を併用した減化学肥料栽培の比較を行う。、成果:鶏ふん(60%化学肥料減)また菜種油粕(50%化学肥料減)代替栽培は,土壌への三要素蓄積が認められず,キャベツの生育・収量および可食部の元素濃度についても慣行栽培とほぼ同等であった。有機質資材を併用した減化学肥料栽培により,土壌への過剰な養分負荷を抑えたキャベツ生産ができることを明らかにした。
研究分担環境・土壌研究室,病虫研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228691
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat