麦類で増加する黒節病などの種子伝染性病害を防ぐ総合管理技術の開発、

麦類で増加する黒節病などの種子伝染性病害を防ぐ総合管理技術の開発、

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:①黒節病の発病に関わる生態的知見を明らかにするために、大麦及び小麦を対象として、播種期及び品種による黒節病の発病程度の違いを明らかにする。②化学的防除、耕種的防除、生物的防除等の技術を総合的に組み合わせ、糸状菌病害も合わせた種子伝染性病害の防除体系を構築・実証し、健全種子の安定生産技術を確立する。、成果:①大麦及び小麦ともに、播種期が遅くなるほど黒節病発病茎率は低くなった。また、小麦と比較して大麦、特に六条大麦の発病茎率が高かった。発病茎率と保菌粒率の相関は認められなかった。②金属銀水和剤または塩基性硫酸銅水和剤による種子消毒、出穂期以降に複数回の薬剤散布、雨よけ栽培の防除技術を組み合わせた総合防除技術により、種子の黒節病保菌粒率を大きく低減でき、健全種子の生産が可能となった。、
研究分担病虫研究室
予算区分受託(農食事業)
業績(1)金属銀水和剤によるムギ類種子伝染性病害に対する種子消毒の効果(講演要旨)
(2)塩基性硫酸銅水和剤によるオオムギ種子の黒節病菌汚染粒率低減効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228693
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat