③果樹の高品質生産安定技術の確立、ウ ニホンナシ「紫変色枝枯れ症」の発生軽減対策技術の確立

③果樹の高品質生産安定技術の確立、ウ ニホンナシ「紫変色枝枯れ症」の発生軽減対策技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~、28
年度2015
概要目的:樹体栄養状態やほ場管理が発生に及ぼす影響を明らかにし、紫変色枝枯症発生軽減対策技術を開発する。、成果:。発生樹は未発生樹に比べ、冬季の樹体内の水分含有率および窒素含有率が高い傾向がみられた。礼肥と地温を高めることで、新梢中の水分含有率や窒素含有率は高くなり、「紫変色枝枯れ症」の発生が助長されることが示唆された。
研究分担果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228816
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat