④生物的防除技術の開発、ア 施設害虫アブラムシに対する基盤的防除のための次世代型バンカーキットの開発

④生物的防除技術の開発、ア 施設害虫アブラムシに対する基盤的防除のための次世代型バンカーキットの開発

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~、27
年度2015
概要目的:生物農薬登録用データの取得といちご栽培ほ場においてバンカー法による利用技術の検証を行う。、成果:いちごほ場においてナケルクロアブラバチ・コレマンアブラバチの混合剤は、ワタアブラムシに対する防除効果が認められた。 ナケルクロアブラバチ雌成虫に対して影響の大きかった殺虫剤5薬剤について影響期間を調査したところ薬剤によって影響期間は異なり、もしナケルクロアブラバチと併用する場合には各薬剤の影響期間に注意する必要があると考えられた。ナケルクロアブラバチとコレマンアブラバチのバンカー資材活用によってアブラムシ類の頭数低減効果が認められた。
研究分担病理昆虫研究室
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228838
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat