②施設いちごの高収益生産技術の確立、ア 新品種「スカイベリー」の栽培技術の確立

②施設いちごの高収益生産技術の確立、ア 新品種「スカイベリー」の栽培技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~、28
年度2015
概要目的:摘花による着果数の制限は果実糖度のばらつきを抑制し、第2果~第6果を着果させるより第1果~第5果を着果させる方が効果が大きいと考えられた。、 果実先端部の着色障害果の発生は低温管理により明らかに増加することが認められ、肥料中の窒素成分に占めるアンモニア態窒素割合が高いほど発生度が高まる傾向が認められた。
研究分担いちご研究所(開発研究室)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228855
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat