水田や休耕田を利用した魚類の増殖方法の確立

水田や休耕田を利用した魚類の増殖方法の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~H27
年度2015
概要水田でのタモロコの増殖および休耕田での魚類の産卵利用状況を調査した。  成果:38㌃水田に122尾の親魚を放流することで、285尾のタモロコ稚魚を回収することができた。休耕田では5月から7月にかけてドジョウやタモロコ、オイカワ属魚類の産卵を確認した。水田や休耕田は魚類の増殖場として活用可能であることが確認できた。
研究分担指導環境室
予算区分「都道府県単」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228864
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat