黒毛和種繁殖雌牛の分娩間隔短縮のための管理技術の開発

黒毛和種繁殖雌牛の分娩間隔短縮のための管理技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産酪農研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要目的:黒毛和種繁殖雌牛の分娩前後を中心とした適正な栄養水準を解明するとともに、分娩間隔を短縮するための授精の適期を推定する方法等を確立する。、成果:普通体格牛と大型牛(体高132cm以上)の栄養水準(TDN充足率)の違いによる繁殖成績の違いなどを確認した。、計画:良好な成績が認められた分娩前後の栄養水準(TDN充足率)で母牛の泌乳量及び繁殖成績等を調査する。また、オキシトシン(OT)負荷試験を実施しOT感受性と受胎率との関係等を調査する。
研究分担企画情報課肉牛研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228883
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat