環境保全型農業のための窒素評価技術の検証

環境保全型農業のための窒素評価技術の検証

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新27~29
年度2015
概要 畑地での施肥過剰による地下水汚染や作物品質の低下を防ぐためには、土壌から供給される地力窒素(可給態窒素)や緑肥の窒素放出量を評価し、それに応じた窒素施肥を行うことが重要である。 、 そこで、(独)農研機構が簡易な評価法として開発した「80℃・16時間水抽出法」が県内畑土壌について適用可能か検証する。、 さらに、モデル地域における地力窒素や緑肥の窒素放出量等、栽培中の土壌からの窒素供給量を評価し、その評価が適当かを現地ほ場における土壌中の無機態窒素量や窒素投入・吸収量の調査から検証し、適正施肥量の決定につなげる。
研究分担環境安全係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228944
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat