IPMへの転換に向けた果菜類栽培における微小害虫の薬剤抵抗性実態の解明

IPMへの転換に向けた果菜類栽培における微小害虫の薬剤抵抗性実態の解明

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新27~29
年度2015
概要 近年、果菜類では、微小害虫による食害および媒介するウイルス病の被害が拡大している。その主な原因として、薬剤の連用による微小害虫の薬剤抵抗性の発達があげられ、IPMへの転換が急務となっている。 、 そこで、薬剤抵抗性の実態を把握し、情報を提供することによりIPM防除体系の構築を支援する。対象作物と対象害虫は、緊急性を考慮して計画実施するが、生産現場から要望が高い露地ナスのハダニ類を優先して取り組む。
研究分担発生予察係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030228959
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat