組換えウシサイトカインによる乾乳期乳房炎治療効果の評価

組換えウシサイトカインによる乾乳期乳房炎治療効果の評価

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H26~27
年度2015
概要乳房炎に罹患した泌乳牛および健常な泌乳牛に対し、乾乳時に組換え牛サイトカイン(rbGM-CSF)を乳房内注入することで、それぞれ乳房炎の乾乳期治療・乾乳時の乳房炎の新規感染予防試験を行ったところ、乳房炎牛の4頭で細菌数、体細胞数の改善が認められ、健常牛では新規感染が認められなかった。サイトカインによる乾乳時の乳房炎治療および新規感染予防効果が示唆された。
研究分担酪農係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229042
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat