Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[2] 畑作物の高品質・高生産技術の確立、2 露地野菜経営における落花生との輪作体系の確立 、(4) 落花生の需要拡大を目指す多能な流通販売の形態の開発 、 1) 県内産落花生の需要拡大を目指す多様な流通形態の開発

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[2] 畑作物の高品質・高生産技術の確立、2 露地野菜経営における落花生との輪作体系の確立 、(4) 落花生の需要拡大を目指す多能な流通販売の形態の開発 、 1) 県内産落花生の需要拡大を目指す多様な流通形態の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~H28
年度2015
概要 生莢の試験では、従来のネット袋と比較して、ガス調節型の結露防止フィルムはカビの発生率がネットと同様に少なかった。しかし、食味については、ガス透過性フィルムを用いずとも、水分がある程度保持できる形態で保存すれば問題とならなかった。煎り落花生の簡易製造法については、オーブン、レンジで調理しても、食味官能評価では落花生業者が加工したものと同等の評価であった。、※流通加工、落花生、生産振興課
研究分担最重点プロジェクト
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229184
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat