Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[3] 野菜の高品質・高生産技術の確立、3 園芸産地活性化のための土地利用型野菜安定生産技術の確立、(1) 大規模経営を可能にする作業労力平準化技術の開発、 1) 作業適期の分散による寒玉系キャベツの安定生産技術の確立

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[3] 野菜の高品質・高生産技術の確立、3 園芸産地活性化のための土地利用型野菜安定生産技術の確立、(1) 大規模経営を可能にする作業労力平準化技術の開発、 1) 作業適期の分散による寒玉系キャベツの安定生産技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要 作業適期の分散による加工・業務用キャベツの安定生産技術を確立するために、夏播き栽培の定植期及び秋播き栽培の収穫期の拡大を図った。夏播き栽培では、9月下旬定植で業務用に出荷するには、寒玉系晩生品種の3~4月どり及び中間型品種の1~2月どりで対応できる可能性が示された。秋播き栽培では、「ことみ」を10月中下旬に順次播種し、べたがけ栽培することで、5月上中旬に収穫され、出荷期の拡大が可能であることが明らかとなった。、※流通経営、JA全農ちば、JAちばみどり、海匝農事
研究分担東総野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229200
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat