Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[3] 野菜の高品質・高生産技術の確立、3 園芸産地活性化のための土地利用型野菜安定生産技術の確立、(2) 契約取引に対応できる安定生産技術の確立、 1) 秋冬どりブロッコリーの継続的生産技術

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[3] 野菜の高品質・高生産技術の確立、3 園芸産地活性化のための土地利用型野菜安定生産技術の確立、(2) 契約取引に対応できる安定生産技術の確立、 1) 秋冬どりブロッコリーの継続的生産技術

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要 秋冬どりブロッコリーにおいて、「おはよう」、「SK7-096」、「美緑408」、「美緑410」、「アーサー」、「クリア」、「むつみ」を適品種として選定した。これらの品種の播種・定植日を組み合わせることで11月~2月の連続収穫が可能になった。また、定植適期を過ぎた苗に対して溶出特性がリニア型の緩効性肥料を定植時に箱施用することで、機械定植適性を損なうことなく生育が改善した。、※JA全農ちば、JAちばみどり、海匝農事
研究分担東総野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229202
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat