Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[4] 果樹の高品質・安定生産技術の確立 、2 暖地特産果樹の高品質・安定生産技術の確立、(7) 弱熱耐性果樹の白紋羽病温水治療を達成する体系化技術の開発、 1) 低温水と土壌微生物によるビワ白紋羽病の温水治療技術の確立

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[4] 果樹の高品質・安定生産技術の確立 、2 暖地特産果樹の高品質・安定生産技術の確立、(7) 弱熱耐性果樹の白紋羽病温水治療を達成する体系化技術の開発、 1) 低温水と土壌微生物によるビワ白紋羽病の温水治療技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H29
年度2015
概要 千葉県育成ビワ苗の熱耐性の閾値を明らかにし、45℃温水を用いた温水処理ではビワ樹に障害が出ないことを明らかにした。また、圃場の土壌微生物による白紋羽病抑止性が低い場合に備えて、抑止性を向上させる資材の選抜を行い、土壌改良材を1種選抜した。
研究分担生物工学
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229217
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat