Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[5] 花植木類の高品質・安定生産技術の確立、1 花植木類の安定生産技術の確立、(4) キンギョソウ新品種の特性解明と栽培技術の確立

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[5] 花植木類の高品質・安定生産技術の確立、1 花植木類の安定生産技術の確立、(4) キンギョソウ新品種の特性解明と栽培技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H29
年度2015
概要 「カリヨンシリーズ」及び「ファルファレシリーズ」は、「バタフライシリーズ」に比べて、開花期が前進しており、「バタフライシリーズ」にみられる12~2月の切り花本数の落ち込みが少なかった。キンギョソウの電照栽培は、開花促進効果が明らかであった。8月下旬播種・9月下旬定植でも、電照栽培によりベル咲き品種は年内からの出荷が可能である。
研究分担野菜花き
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229221
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat