Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[5] 花植木類の高品質・安定生産技術の確立、2 中・小型樹を活用した鉢植木の生産及び輸出支援技術の開発、(2) 輸出用鉢植木の培養土の選定と栽培技術の開発

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[5] 花植木類の高品質・安定生産技術の確立、2 中・小型樹を活用した鉢植木の生産及び輸出支援技術の開発、(2) 輸出用鉢植木の培養土の選定と栽培技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H30
年度2015
概要 軽量で取り扱いの容易な中・小型鉢植木の生産技術を確立する。本年度は、中・小型植木類を鉢上げするための軽量培養土の探索及び鉢上げ後健全に生育させるための施肥条件を検討した。その結果、ピートモスにココピートを混合することによって、ピートモスと同等の生育量が維持され、体積の減少が少ないことを確認した。また、緩行性肥料をN成分0.5/Lの施用で黒ボク土と同程度の生育をすることを確認した。、※生産振興課、海匝・山武農事、千葉県植木生産組合連合会植木輸出入部会
研究分担花植木
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229223
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat