Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[5] 花植木類の高品質・安定生産技術の確立、3 花き生産におけるLED光源を活用した栽培体系の確立と防除技術の開発、(4) 花き類における赤色LED日中照射によるアザミウマ類防除技術の開発

Ⅰ 経営の規模拡大や収益力の強化に向けた研究の推進、[5] 花植木類の高品質・安定生産技術の確立、3 花き生産におけるLED光源を活用した栽培体系の確立と防除技術の開発、(4) 花き類における赤色LED日中照射によるアザミウマ類防除技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H29
年度2015
概要 安房地域の花卉生産圃場において問題となっているミカンキイロアザミウマ及びネギアザミウマに対する新規防除方法開発のため、赤色LED日中照射に対する反応を圃場試験及び室内試験において明らかにする。、 本年度の圃場試験において、採花期の赤色LED日中照射処理によるアザミウマ類密度抑制効果は認められなかった。
研究分担生産環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229228
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat