Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[6] 水稲・畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立、2 落花生等畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立、(6) カンショ主要品種のウイルスフリー基核株の育成

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[6] 水稲・畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立、2 落花生等畑作物の新品種育成、選定及び栽培法の確立、(6) カンショ主要品種のウイルスフリー基核株の育成

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23~H27
年度2015
概要 ウイルスフリー化した「ベニアズマ」10系統を供試し、場内及び現地農家圃場において選抜試験及び優良株の収集を実施した。外観評価及び収量調査、病害抵抗性検定の結果、評価が高かった5系統を次年度に継続調査する。また、有望系統「K-20」は、過去の試験と同様に優れた特性を示したことから、新規配付系統(基核株)とした。、※野菜、生物工学
研究分担畑地利用
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229245
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat