Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[7] 野菜・花き類の新品種育成、選定及び栽培法の確立、2 強度根こぶ病抵抗性品種を核とした食用ナバナ根こぶ病防除技術の確立、(1) 南房総地域の食用ナバナ産地の根こぶ病汚染状況の把握と防除対策の確立

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[7] 野菜・花き類の新品種育成、選定及び栽培法の確立、2 強度根こぶ病抵抗性品種を核とした食用ナバナ根こぶ病防除技術の確立、(1) 南房総地域の食用ナバナ産地の根こぶ病汚染状況の把握と防除対策の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H28
年度2015
概要 前作の発病程度が段階的に異なる圃場で防除技術の効果を調査した結果、薬剤の防除効果が確認された。また、前年度施用したpH矯正資材の効果が持続していることが明らかとなった。、※JA全農営農セ肥料研究室、JA全農千葉、JA安房、安房農事、野菜花き
研究分担生産環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229253
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat