Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[8] 果樹・植木類の新品種育成、選定及び栽培法の確立 、1 落葉果樹の新品種育成、選定及び栽培法の確立、(1) ニホンナシの育種年限短縮技術の開発、1)予備枝育成法の応用による育種系統の花芽着生促進

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[8] 果樹・植木類の新品種育成、選定及び栽培法の確立 、1 落葉果樹の新品種育成、選定及び栽培法の確立、(1) ニホンナシの育種年限短縮技術の開発、1)予備枝育成法の応用による育種系統の花芽着生促進

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~H27
年度2015
概要 ニホンナシの育種年限の短縮を目指し、育種系統の成熟相への移行を促進するための生育促進法を確立する。「幸水」若木に高接ぎした育成系統に対して予備枝育成法を応用した誘引法を行ったところ、慣行の誘引法に比べて先端の1年生枝の伸長が優れ、枝当たりの花芽数が増加し花芽を着生した個体率が高まった。
研究分担果樹
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat