Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[9] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進、2 効率的な育種技術及び品種識別技術の開発、(1) 水稲、イチゴにおけるDNAマーカー技術の開発と利用

Ⅱ 千葉ブランドとなる新品種の迅速な開発と普及定着、[9] 千葉県を元気にするオリジナル品種の開発・定着促進、2 効率的な育種技術及び品種識別技術の開発、(1) 水稲、イチゴにおけるDNAマーカー技術の開発と利用

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~H28
年度2015
概要 イネのいもち病抵抗性マーカーのPCR反応条件を改良し水田利用研究室と連携して選抜に利用した。同様に食味のマーカーと縞葉枯れ病抵抗性マーカーのPCR反応条件を検討しつつ有望個体の選抜をした。イチゴについては、萎黄病抵抗性と連鎖するDNAマーカーの基礎的な解析条件を検討し遺伝子型の解析をできるようにした。、※水田利用、野菜
研究分担生物工学
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229273
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat