Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化、[13] 農業の環境負荷軽減技術の開発、3 新規環境制御法を活用した施設栽培技術の確立、(3) ミニトマトにおける新規環境制御法による、燃油削減、高品質安定生産技術の確立、1)株元加温と新複合環境制御装置を組み合わせた燃油削減、高品質安定生産技術の確立

Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化、[13] 農業の環境負荷軽減技術の開発、3 新規環境制御法を活用した施設栽培技術の確立、(3) ミニトマトにおける新規環境制御法による、燃油削減、高品質安定生産技術の確立、1)株元加温と新複合環境制御装置を組み合わせた燃油削減、高品質安定生産技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~H28
年度2015
概要 設定夜温12℃において株元加温の効果を検証したところ、ナスは増収したが、ミニトマトは増収しなかった。また、ミニトマトにおいて結露値80及び120で3分間の暖房機運転を行ったところ、収穫後の果実はわずかに割れにくくなるものの、裂果の自然発生を減らすまでの効果は認められなかった。、※病理昆虫、千葉・海匝農事、鈴木電子(株)
研究分担野菜
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229317
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat