Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化、[15] 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策、2 農林業分野における放射性セシウムの低減対策とモニタリング調査、(1) シイタケ、タケノコにおける放射性セシウム濃度低減化技術の確立

Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化、[15] 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策、2 農林業分野における放射性セシウムの低減対策とモニタリング調査、(1) シイタケ、タケノコにおける放射性セシウム濃度低減化技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H29
年度2015
概要 放射性セシウムが比較的多く沈着したシイタケほだ場に客土やシートを敷設した試験地を設定し、6か月後のほだ木濃度を分析した。その結果、客土やシートを敷設したほだ木は濃度の上昇が認められなかった。また、3か所の竹林でタケ各部位の放射性セシウム濃度を測定した結果、各部位の濃度は3ヶ所とも昨年より低くなっており、濃度が低下傾向にあることが確かめられた。、※森林課、各林事
研究分担森林研
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229327
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat