Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化、[15] 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策、2 農林業分野における放射性セシウムの低減対策とモニタリング調査、(3) 農耕地土壌における放射性セシウムモニタリング調査

Ⅳ 環境にやさしい農業を推進する研究の強化、[15] 安全な食料生産に寄与するリスク管理対策、2 農林業分野における放射性セシウムの低減対策とモニタリング調査、(3) 農耕地土壌における放射性セシウムモニタリング調査

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~H29
年度2015
概要 セシウム134及び137濃度は、樹園地等の一部を除き減少傾向を示した。セシウム134の見かけの半減期は、2012年以降において物理的半減期と同程度となった。一方、セシウム137の見かけの半減期は、2012年以降において平均13年であり、物理的半減期に比べて短かった。この両者の違いは、セシウム137の半減期が長く、耕うんの影響を強く受けているためと推察された。
研究分担土壌環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229329
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat