Ⅴ 地域条件に応じた農業経営研究の推進、[16] 観光・直売に対応した農業技術の確立、1 観光・直売施設を核とした南房総地域の6次産業化を支援する農業技術開発、(2) 在来野菜の特性解明と栽培技術の開発及び新食材としての提案・評価、 1) 晩生在来野菜の安定生産技術の確立

Ⅴ 地域条件に応じた農業経営研究の推進、[16] 観光・直売に対応した農業技術の確立、1 観光・直売施設を核とした南房総地域の6次産業化を支援する農業技術開発、(2) 在来野菜の特性解明と栽培技術の開発及び新食材としての提案・評価、 1) 晩生在来野菜の安定生産技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要 観光直売に適した在来野菜として、本県で収集した在来大豆のうち、「在11」、「在12」、「安房4」、「在26」が晩生エダマメとして特に有望である。エダマメの生育後期の倒伏を防止するためには開花期前の摘心が有効である。晩生カリフラワーは、「マーチ村田」を系統分離した後に有望4系統を選抜した。カリフラワーの加工品として、スープやピクルス等へ活用が可能である。、※安房・夷隅・君津農事、鄙の里、みんなみの里
研究分担野菜花き
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229331
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat