交雑種去勢肥育における籾SGS給与による産肉性および粗飼料低減効果の検証

交雑種去勢肥育における籾SGS給与による産肉性および粗飼料低減効果の検証

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~H27
年度2015
概要本県における肥育牛の中で飼養頭数の最も多い交雑種における籾SGSの利用方法を検討するため、交雑種去勢牛12頭を用いた籾SGS給与による肥育試験を実施した結果、籾殻の粗飼料効果を考慮して給与すれば、産肉性や肉質に悪影響はなく、さらに収益性の試算から、飼料費の低減が可能であることが示された。
研究分担乳牛肉牛研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229375
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat