1 収益性重視の水産業への転換に向け、た試験研究の強化             、疾病対策による水産業の安定的生、産技術の確立、疾病対策の確立、(1)海面における魚病の診断及び対策指、  導

1 収益性重視の水産業への転換に向け、た試験研究の強化             、疾病対策による水産業の安定的生、産技術の確立、疾病対策の確立、(1)海面における魚病の診断及び対策指、  導

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S50~
年度2015
概要目的:養殖業の健全な発展を支援するため、魚病の診断及び対策指導並びに必要な情報の収集及び提供を行う。、結果:マタカアワビ、クルマエビの疾病を予防した種苗生産技術の検討を行った。また、ウイルス性疾病等のPCR検査、医薬品残留検査を実施すると共に、適正な養殖管理に関する指導を行った。
研究分担生産技術、研究室
予算区分県単・一部交付金(農水省)
業績(1)種苗生産施設での疾病対策、~千葉県におけるアクアレオウイルス感染症発生事例とその対応状況~
(2)種苗生産施設での疾病対策、-千葉県におけるアクアレオウイルス感染症発生事例とその対応状況-
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229419
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat