2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、新しい種苗放流対象種の種苗生産、技術の開発、事業化を目指した種苗生産技術、の開発、(1)ハマグリ種苗生産における着底期、  以後の稚貝の飼育条件の決定

2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、新しい種苗放流対象種の種苗生産、技術の開発、事業化を目指した種苗生産技術、の開発、(1)ハマグリ種苗生産における着底期、  以後の稚貝の飼育条件の決定

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~28
年度2015
概要目的:ハマグリ種苗生産技術の開発を目指して、好適な水温・塩分等の飼育条件を決定することにより、着底期以後の稚貝の生残率の向上を図る。、結果:水温条件試験から飼育水温は、33℃が最適と判断され、塩分条件試験の結果、飼育塩分は60%海水が最も良いと判断された。
研究分担東京湾漁業研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229444
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat