2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、水産資源増殖手法の開発及び効果、の評価、海面における資源増殖手法の開、発及び効果の評価、(5)トラフグ人工種苗の移動・分散の解、  明

2 水産資源の適切な管理とつくり育て、  る漁業を推進するための技術開発、水産資源増殖手法の開発及び効果、の評価、海面における資源増殖手法の開、発及び効果の評価、(5)トラフグ人工種苗の移動・分散の解、  明

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2015
概要目的:本県におけるトラフグ人工種苗の放流効果の算出に向け、東京湾において標識放流を行い、これまで知見のなかった本県沿岸域における人工種苗の移動・分散等の基礎的な生態を把握する。、結果:トラフグ人工種苗の移動・分散を把握するため標識放流試験を実施した。内房で5,426尾、内湾で5,429尾を放流し、内房放流群で34尾、内湾放流群で20尾の採捕報告があった。
研究分担資源研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229450
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat