露地用イチゴ新品種の特性を生かした栽培管理技術の開発

露地用イチゴ新品種の特性を生かした栽培管理技術の開発

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~32
年度2015
概要これまで東京特産野菜のひとつとしての露地用イチゴについて、都内の主要品種「宝交早生」に代わる大果で食味の良いオリジナル品種を育成してきた。26年から品種登録のための特性調査を選抜した3系統で実施し、27年度に有望な1系統を出願申請する予定である。育成の過程で果実特性や収量性などを明らかにしきたが、休眠性や花芽分化などいくかの特性にはまだ不明な点がある。、そこで、育成した新品種を今後現地で普及し、安定的に生産するために、休眠や採苗などの品種特性を明らかにし、その特性を活かした栽培管理技術を開発する。、
研究分担園芸技術科
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030229497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat